ニキビ

ニキビといえば、10代~20代を中心に多くみられる皮膚のトラブルの為、「若さの象徴」などと軽く考えられがちですが、皮膚の病気の一種です。
たとえニキビの炎症が治まっても、痕が残ってしまう可能性もあります。
美しい肌、健康的な肌を保ちたいのであれば、ニキビ痕を残さない、さらに肌のケアをしてニキビを繰り返さない、という事が大切です。

近年、ニキビの治療技術が進化しており、病院で治療を受ける方も増えています。
赤坂見附皮膚科クリニックでは、患者様の症状に合わせ、ディフェリン(R)ゲルや抗生剤、ビタミン剤や漢方薬の内服や抗菌外用薬を組み合わせ、ニキビ痕を残さない治療を目指します。
また、レーザー治療設備・ピーリングメニューも用意しております。

薬と併せ、生活習慣の改善や肌のケア方法など、経験豊富な専門医と共にしっかりと処置をしていきましょう。

皮膚科・アレルギー科一覧へ戻る