アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は過敏症の一種で、年齢や性別に関わらず多くの方が発症する皮膚病です。
慢性的に痒みを伴う湿疹を繰り返し、痒みの患部を掻いてしまうことによって、皮膚が厚くなったり、かさぶたになってしまう事もあります。
残念ですが、現代の医学では完治が難しいとされており、病院における治療は、症状の緩和、発症を抑制を目指します。

赤坂見附皮膚科クリニックでは、専門医による科学的かつ適切な指導の下、1日も早い患者様の症状緩和を目指します。

アトピー性皮膚炎の原因として考えられることは、

  • 「患者様、あるいはそのご家族がアレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎だけでなく、アレルギー性鼻炎、ぜんそく、結膜炎など)を患っている」
  • 「免疫物質(IgE抗体)を作りやすい体質を持っている」
  • 「精神的なストレスが多い、生活習慣の乱れ、食生活の極端な偏り」

などが、挙げられます。

患者様一人一人が抱えるこれらの原因を、経験豊富な専門医が特定し、早い解決へ向けた治療およびスキンケアの指導を行います。

また、ステロイド外用薬による治療を望まない方のために、幅の狭い波長の紫外線で皮膚の治療を行う「ナローバンドUVB照射器」も設置しております。
アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

皮膚科・アレルギー科一覧へ戻る