陥入爪

爪の角が丸まって皮膚に食い込み、炎症が生じる状態を「陥入爪(かんにゅうそう)」と呼びます。
状態が悪化すると痛みや腫れを伴い、爪の周りの肉から出血しやすくなります。
また患部が化膿すると激痛が生じ、歩くことも難しくなってしまいます。

陥入爪の原因の多くは深爪やサイズの合わない靴による圧迫です。

患部の治療においては、抗生物質の内服(腫れが強い場合)や、ワイヤーを使用した爪の矯正を行います。
また、陥入爪を防ぐための爪切り指導も行っています。

特に症状が悪い場合は、爪の大幅な手術が必要になります。
爪の周りの皮膚に少しでも痛みを感じることがあれば、当院までご相談ください。

皮膚科・アレルギー科一覧へ戻る