イボ・ウオノメ

一般的に、イボはウイルスによるもので、専門用語で尋常性疣贅といいます。
治療は、-196℃の液体窒素でイボそのものを急激に冷やして(凍結)、ウイルスに侵された皮膚の細胞を壊死させます。
この治療は、治癒までの回数が多いのと、かなりの疼痛を伴うのが難点です。
当院では、CO2レーザーを用いて、今までの治療より通院回数が少なく完治させることが出来ます。
この治療は保険適応ですので、患者さんの金銭負担も軽減されます。

ウオノメは、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。
治療は、カミソリで角質の厚くなった部分を、削ったりします。

皮膚科・アレルギー科一覧へ戻る