美容皮膚科 治療科目

  • 皮膚科・アレルギー科
  • 美容皮膚科

肝斑(カンパン)

肝斑(かんぱん)とは、淡褐色で頬やおでこに左右対称に現れる”シミ”を指します。
特に30~40代の女性を中心に、妊娠・出産やピルの内服中、更年期などの女性ホルモンのバランスが崩れる時期に発症するケースが多く、シミが残ることも多いです。
肝斑の治療にあたっては、ビタミン剤・トランサミンなど内服とハイドロキノン・レチノインなど外用と併せて、最新のレーザーでより効果の高い治療を行っています。

ホクロ・おでき

ホクロやおできは、目立つ場所に現れたり、年齢を重ねるにつれて大きくなったりすると気になってしまうものです。
当院では、一人一人のホクロやおできの状態に応じて、メスによる切除やレーザーによる除去をご提案しています。

シミ・ソバカス

多くの女性の方が気にされるシミ・ソバカス。
エイジングや元々の肌質など原因は様々で、患者様一人一人に応じて最適な治療法が違います。
赤坂見附皮膚科クリニックでは、経験豊富な医師が丁寧な問診、視診を行い、状況に応じて内服、外用、レーザーなどを組み合わせた治療を行います。

美肌治療

女性の美肌をより確実に甦らせる事が出来るよう、赤坂見附皮膚科クリニックでは、最新のレーザー技術を誇るルートロニック社のスペクトラを使用し、美肌治療を行っています。
スペクトラの効果を最大限に活かした「デュアルピール」モードでの治療は、くすんだ肌を美しい白に変え、毛穴の開きやニキビなどのトラブルの起こりにくいキメ細やかな肌を実現します。

ヒアルロン酸治療

ヒアルロン酸は、人間の体内で生成される成分で、皮膚や目、関節に存在しています。ヒアルロン酸は少量でも大量の水分を含むという性質上、みずみずしいお肌の要素として欠かせない成分です。
肌のシワを改善する方法として、このヒアルロン酸を気になる部分に注射します。

ボトックス治療

ボトックス治療とは、“ボツリヌス菌”という、筋肉を麻痺させる作用のある菌を使用し、エラの張りやシワを改善する治療方法です。
海外ではポピュラーな美容施術で、女優の8割がボトックス注射をしているとも言われています。
表面麻酔クリームや麻酔テープを肌におよそ30分浸透させ、注射によってボツリヌス菌を注入していきます。

ピアッシング

当院では、耳たぶへのファーストピアスのピアッシングを行っています。
日本人の平均的な耳たぶの厚みは、6mm程度といわれています。
ピアッシング後は、一時的に耳たぶが腫れてきますので、当院では、8mmのロングタイプを使用しています。
この2mmの余裕が、アフターケアを容易にし、トラブルを防ぎます。
また、使用するピアスは、金属アレルギーの少ない、純チタン処理した医療用ステンレス製ピアスを使用しています。

レーザー脱毛

痛みに非常に弱い方、毛が濃くて強く反応してしまい火傷が不安な方、お肌にトラブルのある方の脱毛にも皮膚科専門クリニックならではの対応をしております。
ご安心してご相談ください。

ピーリング

サリチル酸マクロゴールピーリングは、いままでのピーリングとはまったく違う、新しいピーリングです。
ベビーピールとも言われ、非常に高い効果があり、トラブルの少ない新しいピーリング。
詳細はこちらをご覧ください。