ボトックス治療

花粉治療について

ボトックス治療とは

ボトックス治療とは、“ボツリヌス菌”という、筋肉を麻痺させる作用のある菌を使用し、エラの張りやシワを改善する治療方法です。
“ボツリヌス菌”というと、食中毒の原因となる菌として広く知られていますが、食中毒を引き起こす量と、治療に使用する量は決定的に差があるため(食中毒は万単位、治療は10~100単位)、安心してご利用いただけます。

海外ではポピュラーな美容施術で、女優の8割がボトックス注射をしているとも言われています。
実際、ボトックス治療を受けた方からは、
「シワが目立たなくなった」
「年齢より若く見られるようになった」
などとご好評をいただいております。

なお、眼科や神経内科では、1970年代からボツリヌス菌を使った治療が行われており、歴史のある安全な治療です。

ボツリヌス菌の注入方法

表面麻酔クリームや麻酔テープを肌におよそ30分浸透させ、注射によってボツリヌス菌を注入していきます。

痛み 注射を打つ部位や、個々人による痛みの感じ方によって違いますが、薬を注入する際に若干の痛みを伴います。
回数 多くの場合、1回で完了します。
副作用 安全ではありますが、注射したポイント以外の筋肉に影響が出る場合があり、補正を行う事があります。

ボツリヌス菌の注入後

治術の痕 注射の痕が数個所残る程度ですが、多くの方が数時間~翌日に無くなります。
また、注入分が赤みを帯びる場合もありますが、一時的であり、時間が経つにつれ自然と無くなります。
効果の持続期間 1回につき4~5ヶ月です。
3ヶ月~半年の周期で繰り返し注射をすることで、表情筋自体が弱くなり、シワが目立たなくなります。

※注意事項
ボトックスの価格は、使用する量により変動します。

価格表はこちらをご確認ください

詳しくはお電話にてお問い合わせください。
03-5572-721103-5572-7211

美容皮膚科 治療科目一覧へ戻る